【合格工房 新所沢校】高3難関私大専門の個別指導塾・大学受験予備校。新所沢駅徒歩2分。

赤本の意外な使い方

赤本の意外な使い方


受験勉強を開始した頃は、だれでも「よーし、やるぞ!」という気合で一杯です。みんな、ちゃんと宿題もやってきます。でも、だんだん惰性になってしまうんですよね。心当たりはないですか?(笑)

やる気(モチベーション)を高く維持し続けることは、なかなか難しいものです。大事なことは、「何のためにやっているのか」を忘れないために、何度も「目標を確認する」ことです。

一番のおすすめは、机の上に、志望校の赤本を置いて勉強する作戦です。「早稲田大学」「立教大学」などと書かれた赤本を目にすると、憧れの気持ちがパワーとなって湧いてくるよ。

いつでも「初心、忘るべからず」。(by世阿弥)
そう、あと2か月で、憧れの志望校を手に入れるチャンスなんだよ!

ワクワクした気持ちで、毎日の勉強に向かっていこう!





机1

机2

机3

コメント

  • 馬鹿

    偏差値40が最初から早稲田の赤本をやるなんてバカですよねw?


  • Re: 馬鹿

    >>1
    とりあえず、どのくらいのレベルが求められるのか知るために、1年分だけ解いてみるのは良いと思いますよ。ただし、ちょっと覗いてみるとか、第一問だけ解いてみるというやり方ではなく、必ず最後まで解き切ることです。特に英語。

    当然、手も足も出ないと思います。この時点で点数が取れなくても構いません。でもそれで、心が打ちのめされるようなら、あきらめた方が良い。また、どうせまだ解けないから、という理由で、本気で問題と向き合わないような人も、チャレンジはやめておいた方が良いです。




認証コード5197

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional